米中心の世界の崩壊が始まる?….OPECがロシアと原油の協調減産へ

eight red steel cranes
  • URLをコピーしました!

世界崩壊への地味にやばいニュースがこちら

なぜこれがやばいニュースなのかというと、1971年のニクソン政権時に金本位制から管理通貨制度へと切り替えたアメリカが裏でサウジアラビアと取引をして石油をドルでしか取引できないようにした。

これはドルが金と交換できる唯一の紙幣だったから基軸通貨としての地位を気づいてきたものを石油を取引できる唯一の紙幣になったということ、こうやって基軸通貨としての地位を守ってきた。

これがいわゆる”ペトロダラー”

詳しくはこちらを参照ください

今までドルを脅かす行動をしてきた国はとことん潰されてきた…

最近では基軸通貨としてドルと取って代わるために一帯一路を押し進めてきた中国。

米中経済戦争とも言われた中国はコロナ騒動でのゴタゴタや、ロックダウンと称した江沢民派の反乱と粛清、そして今や経済崩壊真っ最中で、ロシアとの戦争の影響からウクライナからの軍事支援も受けられなくなり台湾侵攻で去勢を張るものの一時期日本を3日で陥落できると言われた軍事力はみる影もなくなっている。

そろそろ皆さんお気づきかもしれないが、ウクライナを支援していると見せかけてEUを潰し、中国の兵力を削いだアメリカが本当に支援しているのはロシアの可能性が高い。

その証拠にプーチンと売電は戦争前に会談と称して打合せしてますね。

ロシアはロシアでウクライナ内のアメリカの研究施設を次々証拠隠滅していってますよねw

めっちゃ茶番劇じゃないですか?

結局この戦争で崩壊していってるのは中国とEU

だったはずでしたが….

まさかのここでサウジを中心とするOPECが手のひら返しを始めましたね。

逆に窮地に立たされたアメリカ…

それを証拠に日本と台湾に侵攻するき満々の中国とミサイルの発射テストを繰り返す北朝鮮。

焦ったアメリカは韓国と共同で日本海になぜかミサイルを撃ち込むという日本軽視とも取られない愚行の末、韓国は自前のミサイルを自分の基地に被弾させるという能力のなさを世界に見せつけてアメリカの顔に泥を塗るという失態をしてしまいました。

この背景には何があるのか?

このサウジの動きには石油生産国となったアメリカへの不満が背景にあります。

アメリカとサウジは石油生産で競争する相手となり、価格競争でサウジの利益が圧迫される状態が数年続いていました。

サウジが石油生産会社を国営なのにサウジの市場に上場させてて数年前に話題になりましたよね

特にコロナで需要が激減して石油価格が暴落した時には自作自演の石油危機を演出していました。

その前もISで石油の価格を釣り上げることをやっていましたよね。

これはサウジの面子を保つためにアメリカが中東を不安定にしてきたのです。

自国の産業とドルを守るために他国で戦争してきたんですね。

それがBRICSが台頭してきて、サウジからしたらアメリカとの関係よりも中国など石油価格を一定額で買い取ってくれそうな相手が見つかった。

戦争もしなくていいし、中東が戦火で溢れる事態を改善できる!!…

って思わされてるんでしょうね。ロシアも中国も産油国なんで実際はそうならないと思われますが、サウジとしてはアメリカに不満が高まっていたとこに出てきた魅力的な相手だったのでしょう。

さてアメリカを敵に回してどうなるやら…実はロシアもアメリカ側の可能性も高いですからサウジも粛清されるんじゃないでしょうか?

実はサウジ王族粛清されまくる結果になりそうと私は予測してます。ドル崩壊シナリオは見せかけで、実際はアメリカに敵対する国の粛清祭りになるのを演出してるんじゃないでしょうか。

これが第3次世界大戦に発展するのかな?

中国は日本と台湾を舞台に繰り広げて結果的に潰すんでしょうね。

産油国徹底的に潰す感じかな?

結局はロシアとアメリカが富を二分するという結果に落ち着くのではないかなぁ…予想だけど

eight red steel cranes

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次