増税する理由がないのにやっちゃう岸田政権←もうサイコすぎてどっから突っ込めばいいのか….

以前こんなまとめを作ったのですが…

ちなみに配当6兆円越えです。えーと政府の借金1000兆円とかでしたっけ?まぁこれも財務省の嘘なんですけど…

日本政府の外貨準備の中に含まれているのが米国債、政府はどこがどのように持ってるか公表していないので、内訳は分かりません。ちなみに同様の内容は意外にも赤旗に書いてありました。

おそらく政府の保有額ととGPIFの保有額の合計だと思われますので、配当金6兆円がそのまま国庫に入るわけではないですが、それでも一般会計の予算軽く超えてることに変わりはないですよね。

少なくとも日銀保有の米国債配当はそのまま経費を除いて国庫に編入されます。

それだけでもとてつもない額だと思われます。日銀の保有している債権

や株はそれだけではなく、日本株のETFも買い続けているので分配金が出ます。

2021年3月期の日銀の総資産714兆円に対して経常収益は2兆4,191億円、収益率は0.34%に過ぎない。パンデミック対策で急拡大した貸出金125兆円の利息収入はゼロ、総資産の74.5%を占める国債532兆円の利息収入は1兆866億円(収益率0.20%)。ゼロ金利下の日銀の低収益構造を補うのが、総資産の約5%のETFの分配金7,275億円(収益率2.03%)と総資産の約0.1%のREITの分配金292億円(収益率4.38%)であり、ETFとREITの分配金は経常収益の31%、当期剰余金1兆2,191億円の62%を占めた。
さらに、2021年9月末時点のETF時価は52兆8,952億円(簿価36.2兆円)、REIT時価は8,642億円(簿価6,642億円)と、取得価格から46.1%及び30.1%それぞれ増加し、エクイティ資産の長期保有の強みを見せた。

https://www.tmi.gr.jp/eyes/blog/2022/13496.html

地味に配当だけで10兆円近い収入があるのが日本政府

一般会計の約10分の1を配当で賄っていけるんだし、正直言って財源を理由に増税することが妥当だとは全くもって思いませんね。むしろ政府に金が余り始めているにも関わらず増税するのは国民への背徳行為だとさえ思います。

日本政府に金が余っている状態にもかかわらずこれ↓

目次

この税金が本当に国防費になると思いますか?

私は正直思いません、きっと国費留学生の増員に使われて終わるでしょう。

ツイ民の反応は?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる