ジャニー喜多川が生前逮捕されなかった理由が色々ありすぎて草生える。メリー喜多川の夫藤島泰輔氏は上皇明仁陛下と学友、自民党とズブズブ、日テレともズブズブ、統一教会ともズブズブ、警察ともズブズブ

selective focus photography of a cup of black coffee
目次

藤島泰輔氏とは?

日本銀行員の藤島敏男・孝子夫妻の長男として東京府東京市に生まれる[2]。生母・孝子の死後、継母・紀子(父・敏男の後妻)に育てられる。

初等科から大学まで学習院に学ぶ。上皇明仁の学友の一人で、共にエリザベス・ヴァイニング(ヴァイニング夫人)の教育を受けている。ただ大学卒業後は疎遠であったという。

1955年(昭和30年)、学習院大学政経学部卒業後、東京新聞社(現:中日新聞東京本社)に入社。社会部記者となる。1956年(昭和31年)、学習院高等科時代の上皇明仁(当時は皇太子)と「ご学友」たちを題材にした小説『孤獨の人』で作家デビュー。同作には「ご学友」たちのヴァイニング夫人への反発や知られざるエピソードなどが盛り込まれている。三島由紀夫が序文を寄せ、「うますぎて心配なほど」と評価している[3][4]。同作は映画化もされ話題となった。

1963年(昭和39年)、高浜虚子の孫娘・朋子と結婚[5][6]。結婚当時は朋子と円満に暮らしていたが[5][6]、その後メリー喜多川と内縁関係となる[5][6]

1966年(昭和41年)、メリーとの間に長女・藤島ジュリー景子が誕生する[5][6]。その後東京新聞を退社し、作家専業となる。フランスパリでの生活体験を元に「在日フランス人」ポール・ボネ名義で著した『不思議の国ニッポン』シリーズ、海外生活を題材にしたエッセイ・旅行記など多数の著作を発表。1967年に『週刊読売』に連載した『忠誠登録』は、戦後日本で最初に日系アメリカ人の強制収容の歴史を伝え、社会問題化したものだと言われる[7]

また社会評論家としても活動した。評論家としては大宅壮一の門下生である。右派・保守系の論陣を張り、『文藝春秋』や『諸君!』などに論考を寄稿。

1970年(昭和45年)にエベレスト・スキー隊総本部長としてヒマラヤ山脈遠征。

1971年(昭和46年)、内妻・長女とともにアメリカフロリダ州に移住し、アメリカ生活を体験した。1972年(昭和47年)、朋子と正式に離婚[5][6]。その後メリーと正式に再婚した[6]1973年(昭和48年)、日本に帰国する。月刊誌『浪曼』に参与(昭和50年2月号で休刊)

1974年(昭和49年)、日本ペンクラブを代表する形で仏文学者白井浩司韓国を訪問、朴正煕独裁政権下で行われた詩人金芝河への死刑判決を「金芝河の有罪は文学活動ではなく、政治活動によるもの」とコメント。ペンクラブからは有吉佐和子司馬遼太郎立原正秋などが脱会、理事だった安岡章太郎阿川弘之が辞意を表明するなど、運営に大きな混乱を起こした。 

1977年(昭和52年)、第11回参議院議員通常選挙自由民主党公認で全国区に立候補。新日本宗教団体連合会関連諸団体の推薦を取り付けるなどして188387票を獲得。法定得票数に達したが66位で落選した。

1981年(昭和56年)、景子のアメリカ留学に同行し、再びアメリカで生活する。

1992年(平成4年)、天皇明仁の中国訪問に反対する小田村四郎大原康男小堀桂一郎中村粲らによる「ご訪中問題懇話会」が組織されると、谷沢永一古山高麗雄らとともに賛同。訪中反対の意見広告に名を連ねる。

1996年(平成8年)、ガン(食道癌)告知を受け、1997年(平成9年)、都内の病院にて64歳で死去。

親戚

https://ja.wikipedia.org/wiki/藤島泰輔#参考文献

ここでも慶應大学が絡んでくるんですね。自民党いるところに慶應大学がある…社会の闇にいつもいる慶應大学…

警察が動かなかったのは、自民党を中心とした巨大すぎる敵だったからと、その頃のトップやOBが自民党とズブズブしてたからなのかもしれない

selective focus photography of a cup of black coffee

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次