ジャニーズと統一教会の蜜月を作り出したのは元宝塚歌劇団娘役”月丘夢路”#ジャニーズ #統一教会 #宝塚 

目次

月丘夢路とは?

月丘 夢路(つきおか ゆめじ、1921年10月14日 – 2017年5月3日[2])は、日本女優で、元宝塚歌劇団娘役宝塚歌劇団卒業生である。本名:井上 明子、旧姓:旭爪(ひのつめ)。愛称は「ツメ」(旧姓から)。夫は井上梅次、娘は井上絵美。実妹は月丘千秋月丘洋子

https://ja.wikipedia.org/wiki/月丘夢路

後年爆心地となった広島県広島市大手町(現:中区大手町)に薬局の長女として生まれる[1][3]袋町尋常小学校を経て、県立広島高等女学校(現・広島県立広島皆実高等学校)在学中に小夜福子の宝塚少女歌劇団(現:宝塚歌劇団)の舞台を観て、感激して宝塚少女歌劇団に入団することを決意する[4]。反対する親を説得して女学校を中退した後、1937年宝塚音楽歌劇学校に入学。宝塚歌劇団27期生。同期生に浦島歌女大路三千緒乙羽信子越路吹雪東郷晴子瑠璃豊美らがいる。宝塚入団時の成績は93人中27位[5]1939年宝塚少女歌劇団生徒として『宝塚花物語』で初舞台を踏む(この初舞台の主演は小夜福子)。以降、その類稀れな美貌で娘役スターとなり活躍。なお、後の映画『満月城の歌合戦』でも小夜福子と共演。そして、日活移籍第1作となった映画『あした来る人』でも小夜福子は月丘の母親役を務めている。

1940年、宝塚歌劇団在団中に宝塚映画瞼の戦場』の主演で映画デビューした。

1942年、『新雪』で水島道太郎と共に主演して大ヒットを記録した(主題歌は灰田勝彦)。

1943年、歌劇団を退団した。最終出演公演は花組公演『心の故郷/希望の泉』[5]。その後は大映に入社。

1947年轟夕起子に誘われて、轟の夫のマキノ正博が所長をしていた松竹京都に移籍し、松竹でもトップ女優として活躍。4歳下の妹・月丘千秋も宝塚音楽学校を経て松竹入りしており、映画『地獄の顔』で妹・千秋と共演している。

1951年7月、軽喜劇『東京のお嬢さん』のため渡米した。2か月で帰国する予定だったが、声楽と舞踊を本格的に学ぶためニューヨークに残る。当時はまだ海外渡航自由化の遥か前で、大変貴重なニューヨーク滞在となった。なお、月丘はこのニューヨーク滞在中、1949年に日本人初のノーベル賞ノーベル物理学賞)を受賞し、当時コロンビア大学の教授としてニューヨークに赴任していた湯川秀樹湯川スミ夫妻に面会している。

1953年1月2日、『第3回NHK紅白歌合戦』に初出場し、「新雪」を歌唱した(当時の『紅白』は正月に開催されていた)。映像や音声は現存しないが、月丘の歌唱中の写真や紅組の歌手席に座っている写真が現存する[6]

1955年1月、製作を再開したばかりの日活に移籍。出演料は映画1本につき200万円で松竹時代の倍となり、当時の日活俳優たちの中で最も高額の出演料だった。1957年井上梅次監督と結婚した。

しかし、日活がアクション映画に路線変更すると速やかに後輩の石原裕次郎らにトップスターのバトンを渡し、1959年にフリーとなる。以後は出産・育児や家庭のため出演数をセーブしながら脇に回り、映画やテレビドラマ、舞台で活動した。

夫・井上とともにジャニー喜多川と親交があり、関連会社の代表を務め、舞台などでジャニーズ事務所所属のタレントとよく共演したが、1971年6月に乗り合わせた車が交通事故に逢った際、フロントガラスの破片で顔に深刻な傷跡が残るほどの重傷を負ったことや、自身と夫の高齢に伴い、活動ペースを縮小していった。

2004年(平成16年)11月18日に開催された神戸100年映画祭のプレイベントにおいて、ロシアモスクワ市郊外にあるゴスフィルモフォンド(ロシア国立映画保存所)で全編124分のうち74分の映像フィルムが収蔵保管されていたことが判明して、ロケ地である兵庫県神戸市の神戸文化ホールで映画『新雪』が上映された際に、トークショウにゲストとして出席して撮影当時のことを振り返った。

2010年(平成22年)2月11日、夫・井上と死別した。後述の『徹子の部屋』出演時に、「先に逝かれるとは思わなかった」と語っている。また、「おかげで雑用に追われているなかで整理もできている」と話していた。なお後日、帝国ホテルで開かれた井上梅次のお別れの会には腰を痛めたために出席できず、娘の絵美だけで来客を饗した。

2011年(平成23年)2月18日に開催された日本アカデミー賞授賞式に会長特別賞を受賞した夫・井上梅次の代理として88歳の元気な姿で娘の井上絵美と共に臨席、久々に公の場に姿を現した。

東日本大震災によって引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所事故によって、放射能汚染について世間の関心が高まり、主演映画『ひろしま』(1953年製作)が脚光を浴びたことを受けて、新聞の取材に応じ、2011年(平成23年)8月12日に記事が紙面上に掲載された。

2014年に古巣である宝塚歌劇団100周年記念で設立された『宝塚歌劇の殿堂』の最初の100人のひとりとして殿堂入り[7][8]。殿堂入りした当時、月丘は存命していた殿堂入りタカラジェンヌの中で大路三千緒に次いで2番目に高齢(91歳)だった。

2016年(平成28年)体調不良で入院。腸閉塞の手術を受ける。

2017年(平成29年)1月10日に肺炎で2度目の入院。

2017年(平成29年)5月3日午後1時50分、肺炎により東京都内の病院にて95歳で死去した。[2][9]

https://ja.wikipedia.org/wiki/月丘夢路
  • 「容姿端麗」が入学条件で美女揃いの宝塚歌劇団の中でも、他のタカラジェンヌ達から妬まれ深刻ないじめにあっていたほどの類稀な美貌の持ち主。「ツメは自分の美貌を鼻にかけている」「男の先生に色仕掛けで接して、いい役を貰っている」などと身に覚えのない中傷をされ続けていた窮状を救ったのが同期の越路吹雪だった。越路は「ツメ、あんたは三枚目(お笑いキャラ)で行き!」と助言してくれたと後に月丘は語っている[10]
  • 統一教会と関係の密接な一和高麗人参茶TVCMに月丘が出演し、夫・井上も統一教会系の国際勝共連合の後押しで制作された『暗号名 黒猫を追え!』で監督脚本を担当するなど、会員の疑惑が持ち上がったが、CMのスポンサーであっただけで、月丘自身は「私はローマ・カトリック信者で洗礼の記録も残っている」と否定している。
  • 1953年、上記の日活移籍前でも、映画1本の出演料はすでに当時の日本映画界のトップクラスで、また、大手映画会社の松竹専属だったが、『原爆の子』を原作とする日教組プロ制作の映画『ひろしま』に故郷・広島への郷土愛からノーギャラで出演して教師役を演じた[1]
  • 爆心地にあたる現在の中区大手町には、実家の薬局店があった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/月丘夢路

統一教会との関わりのきっかけは高麗人参のCM?

統一教会の日本人信者が、教祖である文鮮明に日本で人気が高い高麗人参は韓国でも需要があるはずだと助言。文は薬学博士号を持っていた洪性杓(ホン・ソンピョ、홍성표、36家庭、洪蘭淑の父)に500ドル(当時のレートで約18万円)を手渡し、高麗人参製品の開発と生産を指示、1971年12月に設立された([1]、p62)。当初は「一和製薬株式会社」という名称であった。文鮮明の三弟子の一人、金元弼(キム・ウォンピル、김원필)が社長を務めた。

主力である高麗人参製品(エキス、人参茶など)は毎年、30か国以上に2千万ドルの輸出をし、輸出シェアの60パーセントを占め、韓国の高麗人参産業においては民間では最大手である(公営では「韓国人参公社」がある。)。 1999年11月17日に、ISO 9001の認証を受けた(製薬分野においては韓国で2番目。なお、食品分野で何番目だったかは公表していない。)。また、同年9月に韓国観光公社主催で開催された第2回全国観光記念品公募展で“一和高麗人蔘贈り物セット”が食品部門最高の賞である韓国伝統加工食品協会会長賞を受賞し、高麗人参製品に韓国観光公社認証マークを付けることが許された。

1979年には高麗人参入り炭酸飲料、「ジンセンアップ」を発売、日本では人気コメディアン南利明CM に起用された。日本では高麗人参茶のCMに、宝塚歌劇団出身の女優、月丘夢路が起用された。 1982年には大麦炭酸飲料、「メッコール」を発売し、チョー・ヨンピルをCMに起用した。韓国では一時期、コカ・コーラに並ぶ人気を博し、収入が苦しかった大麦農家に大きな市場をもたらした([1]、p63)。

しかし、一和が統一教会の関連企業であるため、統一教会に反対するキリスト教徒による不買運動が全国規模で行われた。1989年にはサッカークラブ、「城南一和天馬」(ソンナムイルファチョンマ)を創団。 1997年末に始まったアジア通貨危機による韓国の経済危機の時代に、他の統一教会系企業と共に、韓国政府の法定管理下に置かれたが、近年、統一教会側が再買収した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/一和

イケメン好きが高じてジャニーズとズブズブの関係だった?

  • 2012年1月31日の『徹子の部屋』に出演した時のトーク内容からこのようなことが明かされている。
    • 娘・絵美は月丘を「台所の宇宙人」と称している。過去に台所のことが出来る人がいないときに客がきて、もてなせなかったことを娘に非難されたためである。まともに料理ができないのに客を呼び、「よくこれで人を呼んだな」と言われたこともある。月丘が料理をできなかったのは、夫・井上が家事などをしないでよいと言ったためである。井上は自立した女性を認める人であり、月丘自身も絵美が料理を勉強するためにフランスリヨンに留学した際には背を押している。
    • 若いイケメンが好き。市川海老蔵が最もお気に入りで、赤ん坊の写真をもらったという。またダルビッシュ有石川遼髙橋大輔らも好きだという。娘には顔が良ければ良いのかと言われているが、彼らは一芸に秀でているから好きだと語る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/月丘夢路
https://twitter.com/b9l6a9c6k/status/1700299174900846735?s=20

統一教会創始者:文鮮明の愛人だったとの噂も…

月丘夢路さんと藤島泰輔氏の関係はなんなのでしょうね?

ちなみに井上氏とともに自民党のシンパであり統一教会、中曽根、自民党、ジャニーズがズブズブだった中心にいた2人と言っていいでしょう

あわせて読みたい
故中曽根元総理…ガチホモでジャニーズ食いまくっていた 【ジャニーズ食いまくっていた中曽根元総理】 https://www.youtube.com/watch?v=4FXS2zLgn28 https://twitter.com/Ch7Ab/status/1668227445923942402?s=20 https://twit...

どうでもいいけど…

….顔にてない?

とりあえず親戚のバイオリニスト旭爪裕美子さんを見てみましょう

旭爪裕美子(ひのつめ ゆみこ)は、日本のピアニスト。広島県廿日市市在住[1]。妹の旭爪千恵はヴァイオリニスト[2][3]。また、女優の月丘夢路は親戚にあたる。

経歴

広島県広島市出身[3][4]。6歳よりピアノを始める。1988年に廿日市市の団地に転居する[1]桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業[2]。同大学研究科およびエリザベト音楽大学大学院修士課程を修了。フランス国立ルイユ・マルメゾン音楽院上級課程を首席で卒業。同音楽院最上級課程を審査員満場一致で卒業。併せてパリ・エコール・ノルマル音楽院室内楽最上級課程を卒業[2]。ヨーロッパ音楽コンクールピアノ部門(仏)にて第1位入賞[3]、第18回サン・ノム・ラ・ブレテシュピアノコンクール(仏)にて一等メダルを受賞。グリーグ国際ピアノコンクール(ノルウェー)にてディプロマ賞併せてラフマニノフ特別賞受賞、第9回マリーズ・シェラン国際ピアノコンクール(仏)にて第2位入賞、他数々のコンクールで上位入賞を果たす。フランスにてソロリサイタルを開催し、好評を博す。2000年に同じくフランスで音楽留学をしていた妹と「デュオ旭爪姉妹」をパリで結成し姉妹アンサンブルでの活動も開始する[2][3]。フランスでの生活は4年間で終え、妹とともに2004年1月に帰国し廿日市市に戻る[1]東京オペラシティカザルスホールなどのコンサートに多数出演。これまでにピアノを瀬尾真理子、小嶋素子、米田栄子、北村陽子、花房晴美、シャンタル・リュウ、デジレ・エンカウアの各氏に、室内楽を岩崎淑、ジャック・シャール、ドゥヴィ・エルリーの各氏に師事。現在、エリザベト音楽大学にて後進の指導にもあたっている。2009年より世界文化遺産宮島観光大使に任命され、音楽を通して宮島の魅力を伝える活動もしている[5]

https://ja.wikipedia.org/wiki/旭爪裕美子

…わからんw

何かわかったらまた加筆するかもです。

以上


Scari Poweatをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次