KDDI大丈夫?財団理事長が覚醒剤所持で逮捕

目次

KDDI財団の理事長逮捕

公益財団法人KDDI財団の理事長が覚醒剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたことが、捜査関係者への取材でわかりました。 捜査関係者によりますと、現行犯逮捕されたのは、公益財団法人KDDI財団理事長の阿野茂浩容疑者(59)でおととい夜、東京・新宿区大久保付近で覚醒剤を所持した疑いがもたれています。 阿野容疑者は、捜査員からの職務質問を受けた際、粉末が入ったビニール袋1袋を持っていて、簡易鑑定の結果、覚醒剤だと判明したということです。 警視庁は阿野容疑者の認否を明らかにしておらず、覚醒剤の入手ルートなどを調べる方針です。 ホームページによりますと、KDDI財団は通信大手のKDDIグループとして、国際教育支援などの社会貢献活動を行う公益財団法人で、阿野容疑者は、おととし6月から財団の理事長に就任していました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca04882594285486243df31f4523c0e2c3f3a866

KDDI財団とは?

9世紀前半における電信機の発明から、現代の全世界に張り巡らされたインターネットに至るまで、情報通信技術の進化には目を見張るものがあります。また、激甚化する災害や新型コロナウイルスによるパンデミックの状況下でのライフラインとしての重要性が、改めて注目を浴びています。

KDDI財団は、「国際的視野のもと、わが国の内外において、情報通信の恩恵を広く社会に還元するとともに、情報通信による世界の調和ある健全な発展に寄与すること」を基本理念とする公益財団法人です。当財団での理念は、未来予測が非常に難しいVUCA(※)といわれる時代において、持続可能でよりよい世界を目指すSDGsにも通じています。

当財団は、助成事業、表彰事業、国際協力事業、ICT普及事業からなる4つの事業を行っております。一つ目の助成事業においては、文理両分野の調査研究や社会的活動、開発途上国からの留学生、ならびに、中高校生の人材育成活動を支援しています。二つ目の表彰事業では、持続可能な社会の形成をリードする顕著な研究業績を挙げられた研究者を顕彰しています。三つ目の国際協力事業においては、主に開発途上国の情報通信インフラの整備によるデジタルデバイド解消や学校建設などの教育文化支援を行っています。これまでカンボジアやネパール、ミャンマーなどの開発途上の国々への支援を進めてきました。さらに、これらの国々の将来を担うリーダーへの教育研修を継続的に実施し、国際間の格差是正にも貢献しています。最後の四つ目のICT普及事業においては、高度情報化社会の推進に貢献することを目的に、モバイルシステムに精通する国内人材育成のための各種講習会を開催しています。また、衛星通信・放送分野に関する国内外の1年間の動向をまとめた年報の編纂と頒布を実施しています。

これらの事業は、当財団の前身組織も含め、半世紀以上にわたる社会貢献事業をもとに発展させ、さらに、変革する時代の要請に応えてきました。長年の情報通信技術協力で築き上げた、研究者や技術者との人的ネットワークを活かし、国際機関・現地政府機関・NPO等と連携していくことが、不透明で激変する社会課題に対応できる大きな力になり得ると考えております。引き続き、皆さまのご協力とご支援をお願い申し上げます。

https://www.kddi-foundation.or.jp/about/

KDDI財団(KDDI財団)は、日本の通信会社であるKDDI株式会社によって1986年に設立された非営利団体です。財団の主な目的は、さまざまな社会的および文化的活動を促進および支援し、慈善活動を通じて社会の発展に貢献することです。

KDDI財団は、次のようないくつかの主要分野に重点を置いています。

  1. 教育:財団は、学生に奨学金や助成金を提供し、教育機関やプログラムを支援します。
  2. 文化:財団は、美術展、公演、フェスティバルなどの文化活動を促進および支援します。
  3. 災害支援:財団は、被災地や地域社会に財政支援とリソースを提供します。
  4. ヘルスケア:財団は、医学研究、ヘルスケア教育、患者支援プログラムなどのヘルスケア関連の取り組みを支援します。
  5. コミュニティ開発:財団は、環境保全、コミュニティ開発、社会福祉プログラムなどの取り組みを通じて、地域社会の生活の質の向上に取り組んでいます。

KDDI財団は、国内外の他の組織とも協力して目標を達成し、社会に良い影響を与えています。

財団の活動や取り組みの例には、次のものがあります。

  • 科学、技術、工学、数学 (STEM) などの分野で高等教育を受ける学生への奨学金の提供
  • 革新的なデザインや技術を紹介する KDDI デザインフェスタなどの文化イベントや展示会の支援
  • KDDI災害支援基金などを通じて被災地域への災害救援と支援の提供
  • 医療研究や患者ケアの取り組みを支援するために医療機関と協力

全体として、KDDI財団は日本国内外の社会文化の発展を促進する上で重要な役割を果たしており、その取り組みは多くの個人やコミュニティの生活に良い影響を与えています。

とAIに聞くと出てきますね

こんなことやるならその原資を普通に会社の将来性に投資したり、株主還元したり、料金安くしたり、社員の給料上げたりとかに使って欲しいと思うのは俺だけでしょうか?

しかし、この理事長はどこから覚醒剤なんて覚えて入手してたんですかね?

やはり創価の上級国民の間では手に入るのでしょうか?

日本の薬物売買の元締めは麻生太郎って噂本当なんですかね?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次