著名投資家ジム・ロジャーズは統一教会信者?文鮮明夫妻を崇拝する狂人か?

目次

投資家ジム・ロジャーズを知っていますか?

ジム・ロジャーズ: Jim Rogers、1942年10月19日[1] – )は、アメリカ合衆国投資家[2][出典無効]ウォーレン・バフェットジョージ・ソロスとともに世界三大投資家としてもよく知られる[3]クォンタム・ファンド英語版)の共同設立者[2]ロジャーズ・ホールディングス会長[4]アラバマ州出身。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジム・ロジャーズ

元々ソロスと一緒にファンド経営をしていましたが、その時はアナリストとして評価されてた様子

経歴

投資

ジム・ロジャーズの投資手法は保守的な「バイ・アンド・ホールド」ではなく、利益が出る状況に応じてロング(買い持ち)とショート(売り持ち)のどちらでも変則的に機動的にポジションをとる手法を得意とする。投資対象は株式だけでなく通貨商品と幅広く、また現物取引だけでなく先物取引オプション取引も行う。ジム・ロジャーズは、ジョージ・ソロスともに1970年代におけるヘッジファンドの先駆者であった。ジム・ロジャーズは国際情勢、マクロ経済、金融政策、社会のトレンドなどによる需給の変化を日頃から徹底的に調査して、そこから価格の大きな上昇または下落を予想して最善のポジションを見つけることを投資の基本とし、これは、後にグローバル・マクロと呼ばれたスタイルの先駆けでもあった。ただし、ジム・ロジャーズ本人は「いつもポジションをとるのが早過ぎる」として、下手なトレーダーを自称している。ジム・ロジャーズとジョージ・ソロスが「クォンタム・ファンド」を2人で始めたときは、ジム・ロジャーズがアナリスト的な役割で、ジョージ・ソロスがトレーダー的な役割だったと、ジャック・D・シュワッガーの著書「マーケットの魔術師」で答えている。また、ジョージ・ソロスも自著[注 1]の中で、「クォンタム・ファンドの運営ではジム・ロジャーズがアナリストだった」と述べている。

クォンタム・ファンド

Arnhold & S.Bleichroeder勤務時にジョージ・ソロスに出会ったことがきっかけで、1973年、ジョージ・ソロスとともにクォンタム・ファンドを設立する。クォンタム・ファンドは10年の間に3365%のリターンを得た(ちなみにこの間、ダウ平均株価は20%上昇したにすぎなかった)。この成功ののち、ジュニア・パートナーであったジムはスタッフの増強に反対し[6][7]、クォンタム・ファンド運営の考え方に違いが生じたためジョージ・ソロスと袂を分かち、1980年にクォンタム・ファンドを去るとともに仕事を引退した。その翌年、クォンタム・ファンドは設立以来初めて資産を半分失う程の大損失を出した。

RICI

1998年、ジム・ロジャーズは「Rogers International Commodity index」(RICI)を設立。この指数は当初こそ好調で、1998年8月1日から2007年12月までに326%上昇した。そして2004年に、書籍Hot Commoditiesを著し、従来の投資における考え方とは逆に、商品投資を最良の投資のひとつと主張した。 しかしその後のRICIのリターン(米ドルベース、年率平均)は、2004年3月1日-2014年2月28日の10年間で次のような結果に終わった(世界の株式、債券不動産と比較)。

  • Rogers International Commodities Index(RICI) + 3.8%
  • MSCI AC (All Country) World Index (ACWI) + 7.4%
  • Citigroup World Government Bond Index + 4.4%
  • S&P Global REIT Index + 8.0%

RICIは他の投資クラスと比べて最低の成績であった。

ちなみに、RICIと連動する日本のファンドとして、大和証券の「ダイワ・コモディティインデックス・ファンド」と三貴商事の「商品新時代」がある。 しかし商品ファンドが抱える根本的な問題である先物運用コストに加え、高い信託報酬と販売手数料の問題により、指数に対して大幅に劣る運用結果となっている。 例えばダイワ・コモディティインデックス・ファンドでは、設定当初から2014年2月28日までの10年弱で、1割しか上がっておらず、販売手数料を引くと年率リターンは1%にも満たない。

商品市場

ジム・ロジャーズは1990年代から商品市場が強気相場になることを予想して、自らも商品・コモデティ投資を実践した。そして、21世紀初めの商品相場は、価格の高騰を的確に捉えたかに見えた。原油相場が100ドル(NYMEX:WTI先物)を超えた後も、ジム・ロジャーズは大型油田の発見のニュースが無いことを理由に強気相場の終焉を否定していた[8]。しかしサブプライムバブル時の乱高下後、原油相場は5年以上に渡って100ドル前後を越えられず、2014年後半からは暴落を始め、2015年初頭には半値の50ドルを割り込んだ。

2008年に発生した未曾有の金融危機の際にも、ジム・ロジャーズはファンダメンタルズが損なわれていないとして商品投資を奨めていた[9]が、その後5年間の商品の反発(+50%)は世界株(+150%)に比べて大きく劣後している[10]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジム・ロジャーズ

アナリストとしては優秀?

というかよくよく考えると、この年代1970年〜1980年の間に成果を出したということは、KCIAと関わりがあったことを疑ってしまいますね。

個人投資家からの彼のアナリストとしての評価は世界の嫌われ者。逆神

統一教会とズブズブ

日本への評価に対して、韓国については絶賛している。2020年には

前に中国語が今後、最も重要な言語になると言ったが、今から習うべき言語があるなら、それはまさに韓国語だ。大言壮語するようだが、韓半島が今後10~20年間、全世界で最も興味深い場所になるだろう。まだ若ければ、中国語のほか韓国語を学べと言いたい。なぜなら韓国語が次の20年間、最も有用な言語になるからだ。実際にそうなるだろう

[22]と語った。 また、文在寅大統領についても、

文在寅大統領には、彼が大統領になる前に一度お会いしました。私の印象としては、非常に頭がいい人物だと思いました。現在、起きている政治的スキャンダルは南北の統一にとって、大きな障害にはなりません。スキャンダルは、いずれ忘れられるものです。国の政治や経済に、深刻な長期的影響は与えない。2年後にはみな覚えていないでしょう

[23]と2019年に語っている。

また、韓国と北朝鮮間の旅行需要の増加を見込み、大韓航空の株を2019年の時点で取得済み[24]だとインタビューで語っている。

日韓トンネルの推進を主張しており[25]、旧統一協会の関連団体であるUPFのイベントにも参加し推進を訴えている[26]。また同イベントでは旧統一協会の創設者である文鮮明・韓鶴子総裁夫妻の先見性を高く評価しているとのコメントをしている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジム・ロジャーズ

2019年に大韓航空買うとか、その後のコロナショックで大損害被ってるんじゃ?…

ここ2、30年は世界連邦政府運動側の言いように使われるピエロみたいな発言しかしてないですね。

アナリストとしては機能してないどころか完全に逆神

ある意味もうけたければ彼のいうことの逆を的確に実行していけば、儲けられるのかもしれませんね。知らんけど

なんか発言を追っていくのすら頭痛くなりそうなイタイジジイになってるジム・ロジャーズ

ここら辺で引退して欲しいものですねうざいから

もうポストにこいつの記事上がるだけでうざい。

なんであの顔見るとクソほどイラッとするんだろ


Scari Poweatをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次