バフェットが保有しているApple株の13%を売却、Appleはオワコンなのか?

turned on imac beside macbook on table

オマハ(ネブラスカ州)=竹内弘文】著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが2024年1〜3月期に米アップル株を13%程度売却したことが4日わかった。アップルはバークシャー保有株の4割を占める。バフェット氏は売却益にかかわる税率の上昇が関係していると説明したものの、前の四半期に続く売却はアップル株を「宝」としてきた評価が変わった可能性もある。

バークシャーが4日発表した1〜3月期に四半期報告書で、3月末時点のアップル株の保有時価が1354億ドル(約20兆7000億円)と23年末時点から22%減ったことを開示した。1〜3月期にアップル株価は10.9%下落していたことを考慮すると、期中に13%程度売却した計算となる。

バークシャーは23年10〜12月期にもアップル株の保有株式を1%あまり減らしたばかり。株高が進んでいた当時の売却は利益確定の動きとみられていた。

今回の売却について、バフェット氏は4日、売却益にかかる税率は上昇していくという見立てが背景にあると説明した。「今後もう少し高い税率で売却するのなら、今年アップル株を多少売ったという事実を皆さんが気にすることはない」と語った。

(アップルは)極めて素晴らしい事業。24年末時点で最大の保有株である可能性が極めて高いと思う」とも述べるなど、高い評価は変わっていないことを強調した。

アップルは24年始めから株価が軟調だった。スマートフォン「iPhone」の中国での販売が振るわず、人工知能(AI)関連の投資・事業展開でも他のIT(情報技術)大手に出遅れているとの見方が株式市場では出ていた。

バフェット氏は銘柄選別の際、簡単にマネできない競争優位性を重視する。20年の「株主への手紙」でアップル株について、損害保険事業などと並んでバークシャーが持つ「宝」と称賛していた。圧倒的なブランド力や現金創出力、株主還元を評価していた。

バークシャーの1〜3月期の株式売買動向は172億8100万ドルの売り越しとなった。アップル株の売却が中心とみられる。現預金と米短期債保有額を合計した広義の手元資金は3月末に1889億9300万ドルと23年末比13%増え、過去最高を更新した。

1〜3月期の純利益は前年同期比64%減の127億ドルだった。米国会計基準では保有上場株の評価損益を最終損益に反映する必要がある。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0429D0U4A500C2000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1714828629

おそらく売却した売却益を資金に日本の商社株を買いまくると予想

商社株を今現在もっている方はホールド確定事項ですね

AppleはiPhoneの売上が決算に響いた形になりますが、売上の大きな市場である日本は円安と増税でiPhoneとか気軽に買えなくなってきている上に機能自体も頭打ちの印象

つまり今後は単純に処理速度などの性能を上げて、セキュリティを強化、あとは付随したそのほかのサービスをサブスクリプト的に提供してそこでの売り上げを上げていくのか課題となってくる

正直二つ折りスマホとか、結局ガラケー時代に提供されてたサービスに追いついただけで、ガラケーがぶち当たった壁にスマホも行き着いたみたいな印象でしかない。

この先爆発的に株価が伸びていくようなことがなさそうなとこを考えると、少しずつ売っていくのがベストな選択なのかもしれない…バフェットの発言はアップル株の急落を防ぐうまい発言だなとは思いましたよね

テスタさんが、株は人気投票って言ってたけど、アップルとバークシャーのやり方見て、あぁ…

って思いましたよね…


Scari Poweatをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

turned on imac beside macbook on table

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次