NEWSポストセブンから衝撃のスクープ”岸田首相の違法献金パーティ”主催はダミー団体とバレないよう巧妙な隠蔽工作

目次

NEWSポストセブンから衝撃のスクープ”岸田首相の違法献金パーティ”主催はダミー団体とバレないよう巧妙な隠蔽工作

第2の「桜を見る会」

「知らーん、そんなもん。ワシが寄附したことになっとん? 全然あずかり知らんよ。パーティーに出席したのは間違いないが、いくら集まったか、会場費がいくらかかったかとか、会計についてもワシは全く知らない」  岸田首相の後援会長である伊藤學人氏(株式会社イトー会長)は、本誌の取材に驚くべき証言をした。伊藤氏は、岸田首相の政党支部「自民党広島県第一選挙区支部」の政治資金収支報告書(2022年分)に、約322万円を寄附した団体の代表者として記載されている人物である──。  東京地検特捜部による裏金事件捜査は安倍派に続いて岸田派にも及び、特捜部は同派の元会計責任者をパーティー収入の不記載で立件した。さらに岸田首相は、岸田派の解散を検討していると表明した。同じく立件された安倍派、二階派も解散を決定した。  その折も折、岸田首相本人のパーティーに言い逃れできない重大な疑惑が発覚した。  2022年6月12日、岸田首相の地元・広島市のリーガロイヤルホテル広島で「衆議院議員 岸田文雄先生 内閣総理大臣就任を祝う会」(以下、「祝う会」)が開催された。  本誌が入手した案内状によると、発起人には広島県知事、広島商工会議所会頭など地元政財界の有力者11人が名を連ね、会費は1万円。会場は満席で、「県内政財界から約1100人が集まった」と新聞各紙で報じられた。  出席した地元経営者の1人が振り返る。 「内容は面白みのない会でした。椅子席で1時間以上来賓の祝辞が続き、最後に岸田さんが挨拶して終わった。飲食はなく、帰り際にお土産として岸田さんの色紙と著書の『岸田ビジョン』(講談社)を1冊もらいました」

https://news.yahoo.co.jp/articles/752dec5defebd879d925b69a16d5cb95dc3382e8?source=sns&dv=sp&mid=other&date=20240127&ctg=dom&bt=tw_ud

 2022年6月12日、岸田首相の地元・広島市のリーガロイヤルホテル広島で「衆議院議員 岸田文雄先生 内閣総理大臣就任を祝う会」(以下、「祝う会」)が開催された。  本誌が入手した案内状によると、発起人には広島県知事、広島商工会議所会頭など地元政財界の有力者11人が名を連ね、会費は1万円。会場は満席で、「県内政財界から約1100人が集まった」と新聞各紙で報じられた。

なるほど、主催が違うから政治資金パーティっぽくない感じになってるのか

しかも主催が違うから地元の商工会議所が納税して会費を偽ってしまえばその差額が賄賂になる

支払いは現金だから証拠もない、参加者も主催者も黙っていれば全くバレない

勘繰るような頭のいい国民もいない

会費1万円で約1100人が出席したのであれば、単純計算で収入は「約1100万円」だ。本誌の取材で、欠席したが会費は支払ったという政界関係者もいたことから、会費収入の総額はそれ以上だった可能性が高い。  政治資金規正法は、〈政治資金パーティーは、政治団体によつて開催されるようにしなければならない〉(八条の二)と定めており、パーティーなどの事業ごとに収入を政治資金収支報告書に報告する義務がある。  ところが、岸田首相の資金管理団体「新政治経済研究会」の政治資金収支報告書によると、この年、岸田首相は7回の政治資金パーティーを開いて収支を報告しているが、「祝う会」については収支どころか、開催したという記載すらない。岸田首相の政党支部や、冒頭の伊藤學人氏が代表を務める「岸田文雄後援会」の収支報告書にもパーティー開催の記載はない。  過去には安倍晋三(元首相)後援会が「桜を見る会」前夜祭パーティー【*注】の収支を報告しなかったことで政治資金規正法違反に問われたが、極めて似た構図ではないか。 【*注/2016~2019年の総理大臣主催「桜を見る会」の前日、「安倍晋三後援会」が地元後援者らを集めた前夜祭パーティーを開いていたが、収支報告書に一切記載がなかった問題。2020年に後援会側がパーティー費用を補填していたことなどが発覚。安倍氏の公設第一秘書(安倍晋三後援会代表)が政治資金規正法違反(不記載罪)で略式起訴され、100万円の罰金の略式命令を受けた】  岸田首相の「祝う会」はどこが主催で、集めたカネはどうなったのか。

政治団体の届け出なし

 取材を進めると、信じがたい事実が次々に判明した。  岸田首相の政党支部の政治資金収支報告書にパーティー開催の記載はなかったものの、「寄附の内訳」の欄に、「衆議院議員 岸田文雄先生 内閣総理大臣就任を祝う会」という団体から約322万円の寄附があり、団体の代表者として岸田首相の後援会長・伊藤氏の名が記載されていたのだ。伊藤氏は「祝う会」の発起人の一人でもある。  パーティーの案内状の差出人も「祝う会」の団体名になっていた。だが、この団体は法務局に法人登記されておらず、総務省や広島県選挙管理委員会に政治団体としての届け出もなされていない。首相就任パーティー開催のために作られた任意団体ということになる。  会費1万円の集金方法も判明した。会費を振り込んだ人の明細票を確認すると、「祝う会」会費の振込先は、広島銀行八丁堀支店に開設された「衆議院議員 岸田文雄先生 内閣総理大臣就任を祝う会 代表 伊藤」という口座になっていた。  すべてを知るキーマンは伊藤氏ということになる。そこで本誌が直撃すると、冒頭の「知らーん、そんなもん」という言葉が返ってきたのだ。  その言葉からは、収支報告書に記載された「祝う会」なる団体が“虚構”であった実態が浮かび上がってくる。  伊藤氏はこうも語った。 「その会には後援会長の名前を貸したかもしれんけど、(「祝う会」の)代表になった覚えはない。県と市の官民あげてお祝いした会だったと思うけえ、政治資金パーティーだったかどうかもワシにはわからん。会費を集めた会計を岸田事務所がさせてもろうたのかもしれんね。これはホンマにワシの守備範囲外じゃ、ごめんじゃが。(「祝う会」の)残余金があったけえ、それを(政党支部に)寄附したという話なんじゃないかね。想像よ、これはもう」  寄附ばかりか、口座開設などの経理に全く関与していないようなのだ。  そうであれば、誰が「祝う会」の運営や会計事務にあたり、伊藤氏名義の口座を開設したのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/752dec5defebd879d925b69a16d5cb95dc3382e8?page=2

衆議院議員 岸田文雄先生 内閣総理大臣就任を祝う会」という団体から約322万円の寄附があり、団体の代表者として岸田首相の後援会長・伊藤氏の名が記載されていたのだ。伊藤氏は「祝う会」の発起人の一人でもある。  パーティーの案内状の差出人も「祝う会」の団体名になっていた。

問題は選管にも報告してない団体が取り仕切っていてキックバックがあったってことですよね

選管に登録してないからこの団体の活動実態や会計処理も全くわからないような状態にあるということ

ポイントは

岸田がやってるんだから自民党全体も似たようなことをしている可能性がある。

目に見えていないだけで、報道されいている以上にもっと巨額の裏金を作っている可能性がある

ということですね。

政治資金規正法のザルさが本当に露呈してくるんですよこれ

簿外政治団体を作ってそこで政治資金パーティを開催して寄付という賄賂を受け取れば誰もわからない

商工会議所等等は名義貸し、実質的に祝う会を運営していたのは岸田事務所

発起人の一人である広島商工会議所会頭に取材すると、同会議所事務局長がこう説明した。 「『祝う会』は日本商工連盟(全国の商工会議所の政治団体)の広島地区と、岸田事務所、総理の後援会(岸田文雄後援会)の3者が主体となって開催したものと認識しています。当日は会頭が日本商工連盟広島地区代表世話人の立場で挨拶しましたが、運営には関わっていません。お金(の管理)については岸田事務所ではないかと思います」  ほかの発起人である広島県知事と広島市長は、「『祝う会』の事務局に聞いてほしい」と回答。  案内状にある「祝う会」の所在地を訪ねると、「広島市中小企業会館」と、「協同組合 広島総合卸センター」の看板がある2階建ての建物で、「祝う会」の看板はない。  広島総合卸センターの担当者に話を聞いた。 「一応、(案内状には)ここが『祝う会』の窓口と記載してあるんですが、うちは職員が手の空いた時に案内状を送ったり、(出欠の)集計したりをお手伝いしていただけ。細かなことは岸田事務所のほうでやっていただいとった。お金(会費)のやり取りはうちのほうじゃなかったんで、岸田事務所に聞いていただければ」 「祝う会」の関係者はいずれも、「お金は岸田事務所が扱っていた」と認識していた。事実、参加予定者に送られたコロナによるパーティーの延期を通知する文書には、問い合わせ先が「岸田文雄事務所」と書かれ、事務所の電話番号があった。  パーティーの当日も、「岸田事務所の秘書やスタッフが総出で受付などを行なっていた」と複数の出席者が語っており、「祝う会」パーティーは企画・準備段階から会費集めまで岸田事務所が仕切っていたことが窺える。  それにもかかわらず、岸田首相はパーティーを自分の政治団体の主催ではなく、「祝う会」という、いわば“ダミー団体”の主催にすることで、収支を隠した疑いが浮上する。 「祝う会」の経理も口座も実質的に岸田事務所が管理していたとすれば、伊藤氏の知らないところで行なわれた「祝う会」から支部への寄附は自作自演だったことになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/752dec5defebd879d925b69a16d5cb95dc3382e8?page=3

祝う会は完全な違法パーティ

疑惑はまだある。「祝う会」パーティーの収入が少なくとも約1100万円以上とみられることは前述したが、「祝う会」から広島県第一選挙区支部への寄附は約322万円。差額の約778万円はどこに消えたのか。  同パーティーは飲食の提供がなかったことから、かかった費用は会場費程度だったと考えられる。リーガロイヤルホテル広島の料金表によると、会場の「ロイヤルホール」の料金は会議室使用(2時間)で約78万円、お土産は自分の著書と色紙だったから、800万円近い費用がかかったとは考えにくい。だが、政治資金収支報告書に収支が報告されていないため、残りのカネが“裏金”として処理されていても確認しようがないのだ。  他にも政治資金規正法違反の疑いがある。  政治資金規正法では、収入が1000万円以上の政治資金パーティーは「特定パーティー」とされ、たとえ政治団体以外の団体の主催であっても、「みなし政治団体」として総務省か選挙管理委員会への届け出が必要とされ、その団体はパーティー終了後3か月以内に政治資金収支報告書を提出しなければならないと定めている(十八条の二の二)。 「政治団体ではない団体が特定パーティーを行なう場合、起案の段階から政治団体届け出を行ないます。結果的に1000万円に達しなかった場合でも、パーティー終了後3か月以内に報告を行ないます。また、起案段階では特定パーティーではなかったが、結果的に収入が1000万円を超えた場合も同じです。届け出がなければ罰則(5年以下の禁錮又は100万円以下の罰金)が適用されます」(総務省政治資金課)  本誌が総務省と広島県選管に確認すると、「祝う会」はみなし政治団体の届け出も、収支報告書の提出もしていなかった。  収入が1000万円以上なら「祝う会」は完全な「違法パーティー」だ。  岸田事務所はこう回答した。 「令和4年6月12日に地元政財界の方々が発起人となって『祝う会』を開催していただいたものと認識しております。以前に、当時の『祝う会』の開催経緯を知る事務所関係者からは、『祝う会』の出欠表は、同会の事務局に回答することになっていたこと、会費収入は1000万円未満であったこと、『祝う会』の開催後、数か月してから支部へ寄附する旨の連絡があり、同年9月に寄附を受けたと聞いていました

https://news.yahoo.co.jp/articles/752dec5defebd879d925b69a16d5cb95dc3382e8?page=4

庶民には社会保険料増額からの増税って金を搾り取りまくるくせに国会議員は4000万まで申告しなくても逮捕されないとか検察も国税庁も財務省もダブスタすぎるだろ

くっそ腹たつな

ネットの反応は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次