”統一教会の活動中に殺された男”アメリカで行っていた統一教会の活動と信者の死の揉み消し工作

目次

事件が起きたのは1992年

https://twitter.com/H92_172/status/1711235381314932779?s=20

バラ売りとは?

バラ売りとはバラ売って統一教会の資金集めをしていたというマジでそのまんまな活動

マジで薔薇売ってたらしい、儲かるのか?

https://twitter.com/cn3bikhahihzeqj/status/1711406773922656754?s=61&t=raFtt23NKx-svmr-fhlDeg

ゆきさん)

いただいたご質問にお答えしていきますが、その前に少し自分の立ち位置をご説明しておきます。

両親とも1960年代の大学時代にそれぞれ入信し、後年、教祖マッチングにより初見で合同結婚しました。1970代後半、わたしが誕生。教団内では「祝福二世」というくくりで大切に育てられました。

幼少期は信者同士で共同アパートで生活、幼稚園も信者家庭専門の園だったので、教義に疑問を抱かず、普通に信じていました。

思春期を振り返ります。

霊感商法、桜田淳子さんなどの合同結婚式の報道が話題に。同じくして、地方の教会所属になった父親が献金ノルマの厳しさに嫌気が差し、両親はそろって脱会しました。

しかし、自分は友達も教会の子ばかりで、生まれてずっと信じてしまっているため、親に反発して教会に通い続けました。

大学に進学するのと前後して、献金に関することを多く見聞きするようになり組織への不信感が募り始めます。

韓国の二世男性と合同結婚を受けるも仲良くできなかったことが決定的な契機となり、脱退を決意。礼拝に通わず、イベントに誘われても行かないことを続けて、だんだん声がかからなくなっていきました。

その後、一般社会で知り合った男性と結婚。夫にはカムアウトしていますが、夫の実家やうちの子供たちには過去を伏せています。両親の経歴が怪しいので昔話をするときはとても気を使っています。

■暮らしが壊れるほどの献金。その金は国外へ

まず、常識を越える過剰な献金システムはどのような仕組みだったのでしょうか。

ゆきさん)

日本全国から集めて、韓国や世界進出の資金として国外へ送金。残りも国内本部から関連団体への資金としてばら撒かれます。自分の父がまさに、中央本部に近いところから地方の教会に異動になり、あまりの献金ノルマに嫌気がさして信心がそがれ、脱退しています。

献金は内部の言葉では「万物復帰」と呼ばれ、罪の世界から神様の元へ万物を戻す、それによってその持ち主も知らない間に救われるのだ、という理由づけがされていて、要求する側も罪悪感を感じにくいようになっています。

とは言え世の中の理屈ではそんなことは通りません。まともな人はそこでブレーキを踏みます。

しかし不安感が強い人や、盲信的な一部の信者は、アクセルを踏むのが正義と言われればアクセルを踏んでしまいます。

そうしてアクセルを踏めば踏むほど、親戚近親者からは嫌われて孤立し、世の中の理屈が通じない、内部の理論でしかものが考えられない人間になっていくという負のスパイラルです…

こども向けの礼拝では、きれいな理想論を中心に教えられるため、献金ノルマについては全然わかっていませんでした。

大学に入り、大人の礼拝にも顔を出したり横で手伝う機会が増えると、今月中に日本○億!そのためにはこの教会で○百万!みたいな会話が飛び交うのを耳にするようになり、父が言っていた暗部はこれか…と愕然としました。

ちなみに万物復帰の他には「F」という呼び方もありました。これはファンドレイジングの頭文字です。

堀)

日本国内でお金を集め、韓国に送金というのは何が目的なのでしょうか。

ゆきさん)

教団としては世界に悪が介在しない「地上天国」を作りたいという最終目的のために活動しています。そのためには、メシア=文教祖を輩出した、朝鮮半島を中心に、世界各国が手を取り合って平和を目指す。特に朝鮮半島を支配してきた日本はその罪滅ぼしでたくさん平和に貢献する必要がある。つまり、日本で献金を多く集めて韓国や世界に再分配する…という理屈付けがされています。

日本を弱体化させたい訳ではなく、日本に教団全体のケア労働を押し付けているといいましょうか…日本人の信心をいいことに、取れるところからお金を取っています。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/fcb693902d511735b22737f5084edc0571c1741c
https://twitter.com/H92_172/status/1711238088348127698?s=20
https://twitter.com/H92_172/status/1711240132374966443?s=20
https://twitter.com/H92_172/status/1719718194112589830?s=20
https://twitter.com/H92_172/status/1719720626766950846?s=20

このポストに対してガチ信者がコメント

https://twitter.com/H92_172/status/1720333089447244031?s=20

統一教会がアメリカで行っていた活動とは?

その工作の重要な「実働部隊」となったのが、文鮮明率いる旧統一教会の関連組織だったのだ。

「コリアゲート疑惑」の「点検」を担ったのは米下院の国際組織小委員会だった。民主党のフレイザー議員が委員長を務めたことから、「フレイザー委員会」とも呼ばれる。

その「フレイザー委員会」が1977年から1年半にわたり、11カ国、1563回の聞き取り、123回の召喚状、20回の聴聞会、37人の証言記録をもとに作成したのが「フレイザー報告」である。その量は膨大でじつに447ページにも及んだ。

https://shueisha.online/culture/67165

統一教会と韓国政府が他国に仕掛けていた工作活動をまとめたフレイザー報告書

「フレイザー報告書」は当時の旧統一教会がKCIAの方針で勢力を拡大し、海外の政治工作の手段として使われたと指摘している。たとえば、以下のような記述――。

「1961 年の(韓国の)軍事クーデター直後、首相などを歴任した政治家・金鐘泌(キムジョンピル)がKCIAを設立し、新政権のための政治基盤として掌握した。1963年2月付のCIA未精査報告書によると、金鐘泌がKCIA長官時代、旧統一教会を組織化し、政治の駒として使っていた」(フレイザー報告書・354ページ)

KCIAが旧統一教会を事実上、政治組織化したという表現に、教団側のスポークスマンは強く否定したとされる。

しかし、報告書には1962年にサンフランシスコ・ホテルの一室で教団の古参幹部と金鐘泌が秘密会合を開き、その席で金鐘泌が「旧統一教会の活動を政治的に支援するが、内密にしてほしい」と発言したという会合参加者の証言が記載されている。

こうして、それまで米国内で「田舎のセックス教団」(シカゴ・トリュビューン紙・1978年3月28日付)扱いされていた旧統一教会が、70年代になってKCAIが運営する国際的組織へと変貌したと、同報告書は分析している。

https://shueisha.online/culture/67165?page=2

日本で今やっているようなことをアメリカでやっていた

しかもアメリカも結局韓国の工作活動が政界に浸透している、それどころかもしかしたらダボス会議も朝鮮半島に乗っ取られてるんじゃないかと思うような節がある

まぁ長くなりそうなんでまたまとめますね

こうやって政界に取り入るために信者を増やしハニトラを仕掛け、信者に金を集めさせて献金させてた

それが上記の事件につながる

米国を衰退させた直接の原因ともなったコリアゲート

しかもそれが周知の事実となり、統一教会に対して嫌悪感を抱く人だったり

韓国政府が統一教会への批判を逸らすためにやったジャパンヘイト工作に感化されてしまった失業者などの貧困層も結構いた

だからこそこの強盗事件の被害者となった彼が狙われた、統一教会信者の日本人

アメリカを愛する者からすれば諸悪の根源みたいな奴に見えただろう

そんなやつ殺しても神に選ばれた一神教徒のアメリカ人からすれば、強盗殺人しても大丈夫な人種となる

しかし統一教会としては批判相次ぐ中日本へ入国したい文鮮明の足枷に他ならなかっただろう

公演中に銃撃されても文鮮明を日本に入国させた自民党の金丸信としてもこの事件はもみ消したかったはずである

ここら辺はネットに散々情報が落ちているため割愛させてもらうが、この強盗事件とその後の揉み消しには、コリアゲートと統一教会にとって不都合だったからこうなった、ひいては統一教会と自民党に不都合なら現在でもこうなってしまう

だからこそ統一教会と自民党がやってきたことを明らかにして糾弾し政治を国民が監視して声をあげただしていかなくてはならないということを伝えておきたい。

理不尽なことには声をあげよう

それを知るために知識を得よう、知性を磨こう、発信するメディアを持とう、消されないために防衛術を見つけよう

この記事を書いたのはこの思いだけである。このサイトを立ち上げ運営しているのもこのためである

この日本の病理を除き点滴を打たなければ


Scari Poweatをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次