統一教会が信者から鬼集金して韓国の聖地に作った宮殿が豪華すぎるんだけどw

豪華すぎるだろwすごいけどw

住数年後に廃墟になりそうw廃墟マニアがワクテカしそうな建物ですねw

バカじゃねぇのw

何よりこんな失敗する気しかないものに献金しまくってた日本人がアホすぎて草生えるわ

信者息してる?w

「もし日本からの献金が止まってしまったら、来年5月のオープン式がずれ込むのではと不安視する食口(シック)(信者)もいます」

そう話すのは旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の韓国人信者だ。

旧統一教会の聖地である清平(チョンピョン)は、ソウルから車で高速道路を2時間半走った山間部にある。その山の中腹に現在建設中の白い建物が『天苑宮』と呼ばれる聖殿だ。天苑宮は来年初頭を目途に完成予定で、来年5月に盛大なオープン式が行われる予定だという。

「これまで天苑宮の工事には約3000億ウォン(約300億円)が使われたといい、完成までの総工費は5000億ウォン(約500億円)以上かかるともいわれています。その建設費は、日本からの献金が多くつぎ込まれており、日本の信者には183万円の献金が推奨されていたことが報じられています。この金額は、天苑宮オープン時の韓鶴子(ハンハクチャ)総裁の年齢(80歳)と文鮮明(ムンソンミョン)が生きていれば103歳になることから、二人の年齢を足した数字が183だからです」(元信者)

旧統一教会の紹介動画によれば、地下4階、地上3階の天苑宮は、5つの巨大なドーム型屋根で飾られた本館棟と、その周囲を美術館やツツジ公園が取り囲む正統クラシック様式の石造建築物だという。内部はステンドグラスが施され、壁には文鮮明や韓鶴子総裁が描かれた聖画が飾られる予定だ。さらに内部には、文鮮明、韓鶴子総裁の生涯を映像などで紹介する展示施設が備わる。地下は6000坪もあるといい、フードコートやショップ、カフェが作られるというのだ。

その天苑宮の建設現場を筆者が取材で訪ねたのは8月中旬。外壁の一部には工事用の足場が組まれ、屋上は緑色のネットで覆われていたが、前出・韓国人信者はこう話す。

「9月中旬の時点でも、足場が組まれたままでした。日本国内で我々の活動に批判が高まっていることからも、献金が滞り、工事が中断されているのではと噂されているのです。日本からの献金収入が望めない今、実は指導者たちはフィリピンの食口に積極的な献金を呼びかける動きがあるとも聞いています」

https://friday.kodansha.co.jp/article/267376

なんと本部を売却してまで作ったこの宮殿


Scari Poweatをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次