(2022.8)もう2度と買わないと思うくらい、最近買って後悔した銘柄。

photo of man leaning on wooden table
目次

楽天

めっちゃ後悔してます。8万くらいの時に底打ちだと判断して買ったら、三木谷社長の下半身スキャンダルで6万まで下がりました。

表面上は通信設備の拡充などで膨らむ赤字が原因ですが、正直三木谷社長自体を投資家がリスクと判断してるのではないでしょうか?

第4のキャリアケータイサプライヤーとして通信事業に参入した楽天ですが、株価はそこから7万くらいから10万くらいの間で乱高下してます。

楽天銀行が上場するかもって話なので、戻りを期待して持っておこうと思ったんですが、他の投資にも影響するし、楽天に付き合ってるの馬鹿らしいんで6万円台のまま損きり。

多分2度と買わないと思います。実は楽天は過去にも買ったことがあるんですが、その時も2万くらい損をしました。

その時は通信業界参入の時だったのですが、その時は確かバルサへのスポンサー参入もあり、三木谷さんの経営方針に投資家が疑問を持ち始めた頃でした。

とにかくワンマンすぎるw唐突に三木谷ショックが始まるんで持ってると精神削られる銘柄ですw

今買うと底値なんで、持ってればリバウンドができますが、もう関わりたくないし、いつ戻るかわからない株価を期待して長期保有するほど株主優待も配当もしょっぱいので、それなら投資信託買った方がいいわwって思いましたんでそうします。

明和産業

中国での潤滑油販売や国内で化学製品を売買する中堅商社なんですが、ここは中国という動きの読めない国と取引している会社はそれだけでリスクだということです。

そして配当性向が高すぎる会社を買うとそれだけでリスクだということ

上海でロックダウンをし始めて急激に株価が下がりました。

その時、配当減もあり4万くらい損しました。もう2度と買わないと誓います。

対して同じ高配当でも配当性向6%くらいを全後してるJ Tはめちゃくちゃ優秀ですね。チャイナリスクもないし、懸念はのれん代だけ、まぁ依存性の高い商品を主力にしてるんで今後も強いでしょう。

人によって合う合わないがあるので、なんとも言えないですが、一度失敗した銘柄には何か理由があるし、その理由がわからない間は、同じ銘柄は二度と買わない方がいいということがやっと理解できました。

そして政治情勢が不安定な国が収入源になっている会社は手を出してはいけないということを勉強しましたねw

皆様も後悔のない投資を…

photo of man leaning on wooden table

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる