2022FOMCの開催予定と予想上昇金利

bank banking banknotes business
目次

FOMCとは?

pexels-photo-164527.jpeg
Photo by Pixabay on Pexels.com

FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、米国の金融政策を決定する会合のことです。日本では、「日銀金融政策決定会合」で金融政策を決定していますが、それに当たるものがFOMCです。
FOMCは年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利(FF金利)の上げ下げなどの方針が発表されます。その結果が市場の予想とは違った場合には、株式市場や為替レートが大きく変動することがあり、世界の金融マーケットにも大きな影響を及ぼします。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/eng/f/E0009.html

FOMCでは政策金利の引き上げや引き下げの判断をしています。その発表は世界のマーケットに与える影響が大きいのですが、市場関係者の予想との乖離があるかないかで、大きく違ってきます。例えば市場が0.25%の利下げを予想しているときに0.5%の利下げが行われると、予想以上の結果ということで株価に影響が出たりします。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/eng/f/E0009.html

2022年の開催予定は?

【FOMCの開催日程

1月25日‐26日
3月15日‐16日+0.25
5月3日‐4日+0.5
6月14日‐15日+0.75
7月26日‐27日+0.5(予想)
9月20日‐21日+0.5(予想)
11月1日‐2日+0.25(予想)
12月13日‐14日+0.25(予想)
開催予定と金利の上げ下げ

このまま行くと2022年だけで3%の金利上昇という途轍もない数字になりそうです。

その度に株価が下がるわけですから、投資家としては嵐が過ぎ去るまで現金に変えておく、もしくは長期投資に絞って買いに回るのが一番賢い選択になりそうですね。

あとは景気低迷に対応するために金を買っておくとかもいいかもしれません。売電大統領というかアメリカ民主党の時は大体世界経済が後退するくらい経済音痴と言っていいというかわざとやってるというか期待できないので、2024の中間選挙で共和党の復活を待つしかないと思われます。

一方、日銀の黒田総裁は今回のインフレがデフレ化の外的要因からくる悪いインフレだとちゃんと理解してらっしゃるので金融緩和継続の方向ですね。賢い!!

岸田はインフレ対策に緊縮財政しようと画策してますが、アホの極みと言って差し支えないでしょう。

ポンコツ宰相ですからしょうがないですね。

日本はデフレです。30年も出口の見えないデフレに喘いでます。

財務省主導の終わりのない増税のせいで経済は悪化の一途を辿っています。

今政府がやんないといけないのは利上げじゃなくて減税

ここで日銀が金融緩和を止めると一気に地獄へと傾きますので、マスゴミの報道に惑わされないようしっかりと黒田路線を称賛しておきたいとこですね。

bank banking banknotes business

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる