多くの人が知らない…憲法9条改憲は本当は必要ないってこと:与野党グルになってのミスリードについてのまとめ

soldiers-military-usa-weapons-87772.jpeg

割と保守的なツイートばかりしている私がこんなこと書いてることに意外さを覚えている人も多いと思いますが、このタイトルは本当です。

なのでわかりやすいようにざっくりと説明していきます。

目次

憲法9条とは?

日本国憲法 第9条(にほんこく(にっぽんこく)けんぽう だい9じょう)は、日本国憲法の条文の一つ。憲法前文とともに三大原則の一つである平和主義を規定しており、この条文だけで憲法の第2章「戦争の放棄」を構成する。この条文は、憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本国憲法第9条

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本国憲法第9条

上記が条文なんですが、防衛のための戦力の保持の禁止は謳われてないですよね?

どういった戦力が禁止なのかというと、国権の発動たる戦争と武力による威嚇または行使するための戦力ですよね?

この国権の発動たる戦争って言うのが重要ポイントです

国権の発動たる戦争っていうのは端的にいうと宣戦布告して戦争するってことです。

つまり侵略するための戦争なんですね。

今でもアメリカがやらしてますが、難癖つけて侵略戦争仕掛けていたってのが第2次世界大戦までの戦争です。

その後は国連憲章に世界が加盟して、世界地図を固定して、武力による現状の変更(侵略戦争)をするならその国に対して世界が制裁を加えますよ。これは交際協力であり、自衛のための戦力及び国際協力のための戦力は各国保持してくださいね。ってことが基本になってます。

2つの大戦の反省を込めて国連憲章を作ってそこに世界各国批准することで大戦を防いできたんですよね。

アメリカを批判しづらいのは、土地を占領するわけではないので侵略とも言い切れないんですよね。結局傀儡政権を誕生させてアメリカの言いように国を操ってるんですけど一応選挙もしますし、世論誘導などしてますが、結局国民自らが選んだリーダーだよね、という体は崩さないので、やってることはダークすぎるグレーかなと

脱線はしましたが国権の発動たる戦争のための戦力って意味では自衛隊は全然違う戦力です。

根本的に国連に加盟している以上国権の発動たる戦争のための戦力はどの国も持ってはいけません

なんで、自衛隊も他の国のように軍として扱っていいのです。

9条があるのは日本だけ?

いやこれは国連憲章に書いてあることをわざわざ細かく憲法に書いてるのが日本くらいというだけですよ。

つまり国連憲章に批准している以上当たり前の常識的すぎることを日本は憲法に書いてるんですよね。

国際協力と自衛のためなら戦力持っていいんです。他の国も持っています。日本と他国は同条件です。

国防軍とか自衛軍とかにしてもいいわけです

むしろ自衛軍とかにしないと国際協力という観点からすると戦力とみなされないので今の状態は国連憲章を遵守していない状態と言えます。

なんでかっていうと

軍にしないと自衛隊員は敵に捕まった時に捕虜として扱われないので、虐待、虐殺など人道的な扱いをしてもらえない可能性があります。

これは元幕僚長の田母神さんも言ってますね

敵基地攻撃能力の保有のことでガタガタいう人もいますが、これについては超音速ミサイルという先手を打って発射する前に防がないと撃ち落とすのが困難な武器が登場したことで必要性が叫ばれているのであって、左翼の方々が言うような武力での威嚇や行使のための戦力では全くない。防衛上必要な措置です。

上記のツイートでみなさんおっしゃってるように憲法解釈の変更を閣議決定すれば自衛隊は軍になれるんですよね。

ちなみに9条があるから日本は軍隊を持っては行けないなんて馬鹿げた主張をプレジデントさんが徹底論破してるんでぜひ一度読んでみてください↓

https://president.jp/articles/-/57163?page=2

ではなぜ今の自衛隊は軍ではないのか?

これは憲法学者が軍を作らせないという結論ありきで論理を展開しているのが原因ですね。

これは日経オンラインの記事ですが

https://business.nikkei.com/atcl/report/16/071000146/072800006/

著名な憲法学者らしいんですが←しらねぇ

インタビューの中で絶対に”国権の発動たる戦争のための戦力”ってワードを入れないんですよね。多分確信犯ですよねこれ

憲法学者ってのは大半が弁護士資格も持ってないような薄識ぶりでもなれるそうで、どっかの大学で講義をして国際社会では作文レベルのテキトーな論文を書いてりゃ憲法学者を名乗れるそうですね。

そんな奴らが兼託して軍を作らせないようにしてるんですよ、ニュースなどでもこの”国権の発動たる戦争のための戦力”って文言を聞いたことがありますか?

新聞ですら取り上げない、これを言ってるのは個人で調べ上げたYouTuberなどの情報発信者か一部の真剣に研究してる憲法学者だけです。

ではなぜ薄織憲法学者がこんなにも結託して軍を作らせないようにしてるのか?

法学部自体が左傾化しているのが原因

まとめ

改憲派であった山崎さんも今の自民党の改憲案には真っ向から否定的ですね。

もうこのツイートに私が言いたいことは集約されてます。

改憲しなければ軍を持てないと思い込まされてたので9条改正を声高に叫んでましたし、この真実を伝えても世論なんて動かんから改憲ってインパクトが必要なんだろうなって今までは思ってたんですが、これだけツイッターしてる人がいるなら、改憲しなくても軍にできるという真実を伝えれば世論が動くのでは?

と思い今回の記事を書きました。

特に9条改憲の抱き合わせと思われている緊急事態条項の創設がめちゃくちゃやばい条項になってるんでそこを必ず阻止しないと!!

例を出すと→緊急事態宣言してそのまま消費税25%に増税して緊急事態宣言解除でそのまま法制化

ってことも可能な条文なんで本当に阻止したいですね。マジでこれはやばい

みんなで絶対に今回の改憲は阻止しましょう

soldiers-military-usa-weapons-87772.jpeg

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる