2022上半期:良品計画の株価が爆下げした原因がほぼ中国関連で草生えるw

anonymous person pressing button of lift
目次

連続増益と業績好調な良品計画

そんな良品計画が一転下落へ、一体何があったのか?

良品計画<7453>は急落。前日に3月の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比10.0%減で4カ月連続のマイナス成長となった。客数が同5.0%減少したほか、客単価も同5.2%低下。衣服が大きく落ち込んだほか、食品や生活雑貨も低調、22年8月期に入って減少率は最も大きくなっている。衣服・雑貨は、下旬にかけて寒暖差が激しくなり、主力のカットソーやシャツの動向が伸び悩んだもよう

https://kabutan.jp/stock/news?code=7453&b=n202204050557

普通に業績の悪化…とも取れるんですが、製造、販売ともに中国に頼っている部分が大きく潜在的にリスクを抱える国で商売をしている影響をモロに食らった印象ですね。

中国では全てパクられた結果、良品計画の方が偽物だと裁判所から判断され賠償命令も…

ウイグル自治区での強制労働など人権侵害が指摘される新疆綿を使った製品を販売しているなど社会的道義の軽視も経営上のリスクに…

批判が相次いだ結果社長交代?

なるほど、利益を圧迫してでも顧客のお財布事情を考慮して価格の維持を決めるということは、今後の政治情勢を見据えた上での戦略ですかね?

どう見積もっても2024の大統領選で共和党が勝ったら、この異常なインフレは解消に向かう可能性が高いですからね。

アメリカ民主党のポリコレ政治が招いた未曾有の物価高。無印はここで我慢して美談に持っていく気ですね。

しかし、これを機に国産の綿花を自社で作ったらいいのにw

これだけ円安進むともはや国内で素材を集めた方が安上がりなのでは?w

と思ってしまうのは素人の考えなのでしょうねw

anonymous person pressing button of lift

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる