ゼレンスキーの演説に違和感。日露戦争の風刺画でわかる今の日本の状況。ダチョウ倶楽部方式でロシアにけしかけられる日本

ゼレンスキーの演説でこの一文が妙に引っかかったのですが….

今まさにこの状況ですね。国際協力のためにロシアへの制裁に付き合わなければならないのは当然なんですが、なぜだか最後には最前線に立たされてるこの感じ

欧米以外で参戦してるの日本と韓国と台湾だけですね。

んでアジアでは日本が最初と…そうだったっけ?

なぜか米国からは対ロシアを最も強く主張してる国とか

スタンディングオベーションも気持ち悪かったですね。しかも細田議員がゼレンスキー閣下と呼称。大統領閣下ということかそれとも総統閣下なのかは濁してましたが、今まで他国の大統領にそんな呼び方してこなかっただけにすごく違和感を覚えました。

そして欧米は隣り合ってないから好き勝手言えるけど、直接戦うことになりかねない日本や東欧諸国はたまったもんじゃないですよね。

そしてこの構図の既視感…

もうこれですね

この様式美ですよねw

9条改正して参戦した瞬間に欧米諸国はいなくなるのでは?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる