ツイ民が買ってる投資信託が気になったのでざっくり調べてみました

marketing businessman person hands

アメリカS&Pが人気ですが、皆さんはどうなのでしょう?

ようつべなんか見ててもアメリカ株人気ですよね。

ちなみに私は全世界株式派です。

世界人口は心配されるほど増え続けてるので、これが低リスクで確実性があるのかな?と思ってこちらを書い続けています。

正直低位株やボロ株を買うのはギャンブル性があって面白いのですが、淡々と投資信託を買い続ける投資が一番確実に資産を増やす方法ではありますよね。

とかいながら検索してるともう全ての答えみたいなツイートがw

それ以外にもeMAXISシリーズなんかも人気ですね

そして注意してほしいのですけどNISAと積み立てNISAどっちがいいのか?ってことなんですが、自己資金が少ない人は積み立てNISA一択です。

積み立てNISAは年間40万まで非課税なので毎月大体3万3333円を積み立てする感じになるのですが、NISAはざっくりいうと年間120万円分の投資商品を購入しなくては損することになります、それはその120万円分の投資商品に対して利益出ても非課税にするよ、って仕組みなんで。

NISAの非課税期間が5年。すなわち5年以内に値上がりする銘柄を120万円分は毎年買わなければ旨味がないという制度になります。

対して積み立てNISAの非課税期間は20年

20年以内に投資信託を売れば非課税でその利益を受け取れます。

毎年40万円分購入可能なので、ざっくりいうと20年後から40万円ずつ取り崩していくことになりますね。

もちろんその前に取り崩すのもOKです。

正直投資資金のない人は、現実的に積み立てNISAを利用するのが賢いのではないかと思います。

金融庁からも積み立てNISAとNISAの違いについて解説サイトが作られてるのでもっと良く知りたいという方はリンクからご覧ください↓

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

今までは王道パターンで唯一の正解って投資信託でしたね。

逆にハイリターンな投資信託ってないのかなと思ったのですが、

社会主義国の企業に金突っ込むのはどうなんだろう?とか

怪しいサイトに呼び込むツイートが多くて根本的にハイリスクハイリターンな商品に手を出す人がいないのだと悟りましたw

でも意外と楽天の投資信託ランキングに入ってたりと人気の商品ではあるみたいですね。自分では絶対買わないけど

そしてハイリスクハイリターンでの人気銘柄はひふみプラスとか日本株4.3倍ブルが人気みたいですね。

短期でいいかもと若干そそられる商品ですね。

景気上昇時ならいいのでしょうけど、世界の情勢や日本の総理がまたコロコロ変わり始めたので今手を出すべき商品ではないでしょうね。

やはり安倍さんは政策自体は功罪ありますが長期政権を敷いた

という点で評価できる総理でしたね。

日本に安定感をもたらしました。岸田政権は若年層から大不評ですね。それだけ若年層に投資家が多くなったということでしょうか?

日経の調べによると投資家からの支持率3%と立憲民主党の支持率を彷彿とさせる不人気ぶりなんで1年持たないとは予想しますが、長期になった場合は地獄ですね。

発言だけで年金を10兆円ほど消し炭にしたこともあるので本当は全ての年齢層から批判が来てもおかしくないのですが、テレビばっかり見ている年齢層にはよく見えるんですかね?

以上

marketing businessman person hands

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる