金融庁は警告も…世界情勢的に今買えるレバレッジ系のETFはなんなのか?

business charts commerce computer

株の基礎やオヌヌメ株主優待情報を配信してくれてる株の買い時さんの動画が分かりやすかったので金融庁の警告についてはこちらをご覧ください。

世界情勢的にエネルギー周辺での世界情勢が悪化してきたのでそんな時に買っておくと短期で儲けれそうなETFをピックアップしてみました。

まずはインバースもしくはベア

インバースやベアと呼ばれるものは指数の株価の下落時に株価が上がるって特徴を持った銘柄で、個別銘柄の空売りと違って底があるといった安全面がセールスポイントですね。

岸田総理とバイデン大統領は株価下落に積極的な政策取ってるので株価が下がり切る前に仕込んでおけば、大抵儲かると思います。

ネックなのは日銀ですね。

株価を下支えする目的でETFを買ってくるので個人投資家から煙たがられる要因となっています。

とはいえ日銀も支え切れるわけではないので下落相場にはおすすめの銘柄ですね。

注意事項は絶対に短期で持ってください。

ポイントはアメリカの利上げです。

バイデン政権の間は長期的に利上げが来ると思うので今後2年の間のどこかで売るのがベスト。

そして岸田政権は年内には退陣だと予想されますので、参院選前が売り時だと思いますね。

天然ガス

天然ガスは今激安です。2円とかかな?

激安ですが世界情勢が悪化すると高騰する銘柄なので今のうちに買っておくといいかもしれません。

水素製造の安価な原料となることから、今後も需要が増えると予想されますので手堅い銘柄かと思います。

それを証拠にオーストラリアではすでに天然ガスの奪い合いが起きています。

この動きは今後も加速していくことでしょう

今年の相場ではここら辺がETFとしては買える部類かなぁ。。。。

大統領も総理もポンコツなんで下落で稼ぐしかやりようないですよね

business charts commerce computer

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる