ダイエットには欠かせない”痩せ菌”って何なの?

person holding white ceramic coffee cup leaning on brown wooden table

みんな試行錯誤してるダイエット、色々方法はあるけれど、痩せる準備整えてます?僧準備段階として痩せる習慣作りが大切なんです。

痩せ菌って何なの?

腸内フローラって、何?|腸内フローラをもっと知ろう | 乳酸菌とおなかのこと | ビオフェルミン製薬

私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、1,000種1,000兆個以上。
特に小腸から大腸にかけて生息しており、これらの様々な細菌がバランスをとりながら腸内環境を良い状態にしている。

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。
出典 腸内フローラって、何?|腸内フローラをもっと知ろう | 乳酸菌とおなかのこと | ビオフェルミン製薬

腸内フローラ』は健康に関わる、3つの役割を担っています。

消化できない食べ物を身体に良い栄養物質へ作り変える
腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌などから身体を守る(腸のバリア機能向上)
「腸内フローラのバランス」を保ち、健康を維持する

「腸内細菌」は、大きく3つに分類されます。
腸内細菌01
体に良い働きをする『善玉菌』

代表的なのは、ビフィズス菌や乳酸菌のフェーカリス菌やアシドフィルス菌など。悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促すことによって、お腹の調子を整えます。

腸内細菌02
体に悪い働きをする『悪玉菌』

ウェルシュ菌などが、腸内で有害物質をつくり出します。脂質や動物性たんぱく質を好み、悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。

腸内細菌03
どちらにも属さない『日和見菌(ひよりみきん)』

腸内の善玉菌・悪玉菌の、優勢な(多い)方に味方します。
出典 腸内フローラって、何?|腸内フローラをもっと知ろう | 乳酸菌とおなかのこと | ビオフェルミン製薬

ワシントン大学の研究によると、同じ食事や生活習慣でも太りやすい体質、痩せやすい体質の人がいるのには、腸内フローラが関わっているといわれています。
腸内細菌には「デブ菌」と「やせ菌」があり、太ったマウスのデブ菌を痩せたマウスに
移植すると、痩せたマウスも太りやすくなったという実験結果が発表され、大きな話題となりました。

特にきれいに痩せるには”痩せ菌”×”運動”


出典 amanaimages.com

極端な食事制を長期間継続すると、腸内環境が乱れ機能不全に陥る場合も。あるいは食事量や食事内容の過度な制限は、筋肉量をへらすことになりかねず、サルコペニア肥満やロコモティブシンドロームの呼び水となる等、腸内環境以外の不調を生む原因にもなりかねません。「脂肪を減らして、体重を落とす」を目指し、ダイエット計画をたてることが大切です。くれぐれも短気は損気にならないように。
出典 腸ストレスをなくそう | 腸にいいお話 | サンスター健康道場

腸内フローラ(腸内細菌)のバランスを左右するのは、食事だけではありません。腸が「第二の脳」と言われることでも分かるように、腸は内的・外的な変化を敏感に察知し、まるで意思を持つかのように行動します。ストレスが長期間続くと、便秘や下痢などの症状が発症し、腸内環境を更に悪くするきっかけとなり、負の連鎖を引き起こしてしまうこともあります。

運動不足も、ビフィズス菌が減少する原因の1つです。
腹筋が衰えると、蠕動(ぜんどう)運動(便やガスを排出する時に働く腸の動き)が低下し、便が腸に溜まりやすくなり便秘の原因となります。
腸内に便が溜まることで、ビフィズス菌が減少するという調査結果も報告されているようです。※9
出典 ダイエット効果の真相は?ビフィズス菌が注目されている理由とは | 楽天スーパーポイントギャラリー

ではどうすれば増えるのか?


出典 amanaimages.com

痩せやすい身体になるためには、痩せ菌を増やしていくことがとても大切です。そのために必要なのが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌をバランスよくして腸内環境を整えることになります。理化学研究所の辨野先生も近い将来、その細菌をつかうことでやせ薬が開発されるのではないかと言われています。難しいことを書いてきましたが、要はダイエットとか運動とかの前に、まずは、痩せ菌を増やすことが大前提っていうことです。
出典 痩せ菌を増やす方法は食べ物とサプリ!腸内細菌をコントロールしてやせやすい体になる方法とは? | 40’s Exchange Hack

痩せ菌を増やすには腸内環境を整えることええす。多くの番組で、そのための方法は3つあると紹介されています。

食べ物
自律神経
乳酸菌生産物質
出典 痩せ菌を増やす方法は食べ物とサプリ!腸内細菌をコントロールしてやせやすい体になる方法とは? | 40’s Exchange Hack

食べ物

腸内環境を整えて痩せ菌をふやすたべものは、

こうじ菌(味噌、醤油、酢など)
こうぼ菌(ワイン、甘酒など)
乳酸菌(チーズ、ヨーグルト、漬物など)
オリゴ糖(玉ねぎ、ゴボウ、アスパラガス、市販のオリゴ糖など)
水溶性食物繊維(納豆、海藻、こんにゃく、きのこ、キウイなど)
出典 痩せ菌を増やす方法は食べ物とサプリ!腸内細菌をコントロールしてやせやすい体になる方法とは? | 40’s Exchange Hack

自律神経を整えることも大事になってくるといわれています。

自律神経は、睡眠とか消化、呼吸などを調節してくれるものです。とても簡単に言うと、自律神経が乱れると睡眠不足、消化不良、便秘などの様々なからだの不調が現れます。腸内環境には、自律神経がとても関係してきます。自律神経を整えるキーワードは「良い睡眠」です。良い睡眠をとるためには、

寝る90分前にお風呂にはいる
お風呂は、42度で15分
お風呂でのマッサージも効果アップ
寝る前にパソコンやスマホ、TVなどの電磁波は避ける
朝起きたら30秒太陽を見る
朝起きたら冷たい水で顔をあらい、コップ一杯の水を飲む

などが有効とされています。
出典 痩せ菌を増やす方法は食べ物とサプリ!腸内細菌をコントロールしてやせやすい体になる方法とは? | 40’s Exchange Hack

3番目に紹介するのが乳酸菌生産物質です。最近、特に注目が集まってきています。

乳酸菌生産物質は、その名前の通り、乳酸菌があなたのからだの中で作る物質です。乳酸菌生産物質が作られると、腸の免疫システムや腸の活動に影響を与えて腸内環境を整えてくれます。その結果、善玉菌や痩せ菌が元気になって身体の調子が良くなると言うことです。
出典 痩せ菌を増やす方法は食べ物とサプリ!腸内細菌をコントロールしてやせやすい体になる方法とは? | 40’s Exchange Hack

逆にやってはダメなことって?


出典 amanaimages.com

悪玉菌は肉類に含まれるタンパク質やアミノ酸を主なエサにして有害物質を作り出します。肉料理が中心で野菜が少ないメニューばかり食べていると、悪玉菌のエサになる肉類のタンパク質が過剰に摂取されてしまいます。

野菜などに含まれる食物繊維の摂取量が少ないと、便がうまく排出されず、便秘になりやすくなってしまいます。

善玉菌のひとつである乳酸菌を摂らないと、悪玉菌の量が増えて腸内細菌バランスの崩れにつながることがあります。

アルコールやたばこも、悪玉菌を増やして腸内細菌のバランスを変化させ、腸の働きを低下させる原因になります。

腸内環境と同時に大事になるのが腸の動き。食事や睡眠の時間が不規則だったり、ストレスが溜まっている人、日ごろあまり運動していない人は、腸の働きが悪くなり、有害物質がとどまりやすくなってしまいます。
出典 あなたの腸内環境は大丈夫?悪玉菌を増やさないためのチェックポイント

person holding white ceramic coffee cup leaning on brown wooden table

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる